法事と法要の意味や忌日や年忌などの法事に関するマナー、知識。

香典返し専門店 茶良

香典返し専門店 茶良 > 法事・法要

法事・法要とは

法要とは仏教用語で仏さまを追善供養(ついぜんくよう)することを意味します。追善供養は、遺族が冥福を祈り、善行(食物などをふるまう)を積むことによって、死後その功徳を受け亡き人の成仏をたすけることをいいます。

法事とは仏法の行事全般のことを意味します。そのため法事には法要のほか年中行事となっているお盆やお彼岸などが含まれますが、一般的には一周忌や三回忌などの年忌法要のことをいいます。

一般に法事は多くの人が参加できるように土曜、日曜、祝日に行われます。このように日付を変える場合は、前倒して早い日付に変えるのが仏事での常識です。

- 四十九日、満中陰の香典返しや一周忌、初盆など葬儀や法事・法要のお返し・志に -

用途一覧

仏式:
葬儀後の会葬返礼品・香典返しから四十九日法要、忌明け、満中陰、初盆、一周忌等の法事に頂く御香典のお返し、引き出物にご利用いただけます。手触りの良い封筒に入れる挨拶状は和紙を使った本格的な奉書で法事の時期に合わせた内容となっており、先様にきちんとした印象を与えます。

神式(神道):
仏式の四十九日に当たる五十日祭の後香典返しを行うのが一般的です。また、その他一年祭など霊祭に頂く玉串料の偲草としてお返しや当日の引き出物にもおすすめ致します。
挨拶状には仏教用語を用いないのが基本です。

キリスト教式(カトリック・プロテスタント):
特別な決まり事はありませんが、ミサ・記念式後まもなく、又は1ヵ月後追悼ミサを終えてから挨拶状を添えて香典返しをされる方が大半です。年毎の追悼ミサ、召天記念式・記念会に頂く御花料・御ミサ料の偲草としてもお使いください。


法事・法要TOP
FAXで注文  電話で注文
お問い合わせはメール、電話、FAXでお受けいたします。
茶ノ葉