香典返し専門店 茶良

初七日や四十九日の法事など忌日法要の知識。

香典返し専門店 茶良 > 法事・法要 > 忌日法要

忌日法要 初七日・四十九日等百ヶ日までの法事

ご逝去の日を1日目と数えて7日目ごとに7回あるのが忌日(いみび)です。
(関西ではご逝去の前日を1日目とすることが多いようです)
これは仏教では死者への審判が7日ごとに行われ、7回目に最後を迎えるとされているからです。最初が初七日(しょなのか)で、以下二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)と続き、最後が七七日(しちしちにち・なななのか)となります。
このため五七日は三十五日、七七日は四十九日とも呼び、 49日目の最終日で死者が来世の生まれ先が決まると考えられているので、この四十九日に行う法要が特に重要とされています。親戚をはじめ近親者、親しい知人などを招きます。

通常、四十九日までの期間のことを忌中といい、四十九日法要をもって 忌の汚れが除かれたことを祝い忌明けとします。 ただし、四十九日が三ヶ月にまたがる時や年を越す時などは三十五日に忌明け法要をおこう場合もあります。
また、仏教では、人の一生のうち受胎の瞬間を生有(しょうう)、その後の生きている間を本有(ほんう)、死の瞬間を死有(しう)と分けており、亡くなってからの死有と生有の四十九日間を中陰(ちゅういん)、中有(ちゅうう)といいます。
このことから忌明けのことを中陰が満ちたという意味で満中陰とも呼びます。

そのため四十九日の後に忌明け・満中陰のご報告とお礼の香典返しを行うのが最も一般的です。

四十九日の後は、100日目に営む百ヶ日法要があります。
この日を別名卒哭忌(そっこくき)とも呼ぶのは、文字通り亡き人を偲んで「哭(な)くのを卒業する」のがこの頃だからだと言われており、一つの区切りの時期となります。

忌日法要 一覧
初七日(しょなのか) 7日目
二七日(ふたなのか) 14日目
三七日(みなのか) 21日目
四七日(しなのか) 28日目
五七日(いつなのか:三十五日) 35日目
六七日(むなのか) 42日目
七七日(しちしちにち:四十九日)
満中陰、忌明け
49日目
百ヶ日(ひゃっかにち) 100日目
- 四十九日、満中陰の香典返しや一周忌、初盆など葬儀や法事・法要のお返し・志に -

用途一覧

仏式:
葬儀後の会葬返礼品・香典返しから四十九日法要、忌明け、満中陰、初盆、一周忌等の法事に頂く御香典のお返し、引き出物にご利用いただけます。手触りの良い封筒に入れる挨拶状は和紙を使った本格的な奉書で法事の時期に合わせた内容となっており、先様にきちんとした印象を与えます。

神式(神道):
仏式の四十九日に当たる五十日祭の後香典返しを行うのが一般的です。また、その他一年祭など霊祭に頂く玉串料の偲草としてお返しや当日の引き出物にもおすすめ致します。
挨拶状には仏教用語を用いないのが基本です。

キリスト教式(カトリック・プロテスタント):
特別な決まり事はありませんが、ミサ・記念式後まもなく、又は1ヵ月後追悼ミサを終えてから挨拶状を添えて香典返しをされる方が大半です。年毎の追悼ミサ、召天記念式・記念会に頂く御花料・御ミサ料の偲草としてもお使いください。


Topへ
FAXで注文  電話で注文
お問い合わせはメール、電話、FAXでお受けいたします。
茶ノ葉