香典返し専門店 茶良

一周忌の法事など年忌法要の知識。

香典返し専門店 茶良 > 法事・法要 > 年忌法要

年忌法要 一周忌以降の法事

一周忌(一回忌)以降に営む年単位の法事を年忌法要といい、基本的に亡き人の祥月命日(しょうつきめいにち)に行います。祥月命日とはご逝去の同月同日のことです。
一周忌は翌年(満1年)の祥月命日に、つづいて満2年で三回忌を行います。つまり一周忌のみ満1年で数え、次からはご逝去の年も含めた数え年となります。
一般に一周忌は四十九日と同様の規模で行われ、三回忌からは徐々に規模を縮小していきます。

以降は、七回忌十三回忌十七回忌二十三回忌二十七回忌三十三回忌三十七回忌五十回忌に法事を行います。
七回忌からは近親者で小規模に営み、最後に弔い上げとして行う三十三回忌や五十回忌の法事は盛大に営まれます。

年忌法要 一覧
一周忌 1年後
三回忌 2年後
七回忌 6年後
十三回忌 12年後
十七回忌 16年後
二十三回忌 22年後
二十七回忌 26年後
三十三回忌 32年後
五十回忌 49年後
- 四十九日、満中陰の香典返しや一周忌、初盆など葬儀や法事・法要のお返し・志に -

用途一覧

仏式:
葬儀後の会葬返礼品・香典返しから四十九日法要、忌明け、満中陰、初盆、一周忌等の法事に頂く御香典のお返し、引き出物にご利用いただけます。手触りの良い封筒に入れる挨拶状は和紙を使った本格的な奉書で法事の時期に合わせた内容となっており、先様にきちんとした印象を与えます。

神式(神道):
仏式の四十九日に当たる五十日祭の後香典返しを行うのが一般的です。また、その他一年祭など霊祭に頂く玉串料の偲草としてお返しや当日の引き出物にもおすすめ致します。
挨拶状には仏教用語を用いないのが基本です。

キリスト教式(カトリック・プロテスタント):
特別な決まり事はありませんが、ミサ・記念式後まもなく、又は1ヵ月後追悼ミサを終えてから挨拶状を添えて香典返しをされる方が大半です。年毎の追悼ミサ、召天記念式・記念会に頂く御花料・御ミサ料の偲草としてもお使いください。


Topへ
FAXで注文  電話で注文
お問い合わせはメール、電話、FAXでお受けいたします。
茶ノ葉